会社概要

代表挨拶 / 創業の精神・経営理念 / 環境への取り組み / 沿革 / 会社概要 / アクセスマップ

代表挨拶

私たち、矢野口自工株式会社は「特装自動車を核とした整備・販売・レンタル事業とそれらを 用いた開発工事事業」の会社です。そして、私 矢野口は、縁あって当社の社員となられた社員一人ひとりが 毎日仕事をすることが楽しく、充実した生き方ができ、家族の皆さん共々幸せな人生を築いて ゆけるような職場創りに努めております。これが、引いてはお客さまへの真心のこもったサービスの提供と高い品質の維持に つながるものと考えております。

こうした考えに至った背景には、創業者矢野口由孝が表した自叙伝「私の自動車人生六十五年」 の中に記された「事業への思い・お客様への思い入れ・一緒に働いてくれた社員への思い入れ・生き様等」 が投影された「創業の精神」にあります。時代が変わっても、当社の企業文化・組織風土・コア能力の根幹にあるものがこの「創業の精神」 であり、いつまでもこの精神を踏襲してゆく覚悟です。

更に、私は、この「創業の精神」を基本に、私自身の会社経営における約束・生き方・価値観を「経営理念」として表現しました。これには、我社の「使命・目標・方向性、社員としての行動規範」を定めたものです。

私たちは、この「経営理念」そのままの企業でありたいし、これに立脚した企業を目指していきます。

創業の精神・経営理念

創業の精神

お役立ちの精神
こだわりを持った整備工場で業界・お客様のお役に立ちたい

職人気質の精神
技術屋一人ひとりの個性・持ち味を尊重し持てる力を十二分に発揮できる職場を創りたい

独創性の精神
技術力に長けた独創性のある整備工場を創りたい

自律の精神
自己に厳しく、正直で筋を通した生き方をして欲しい

相互信頼の精神
約束を守り、人の和とご縁を大切にした組織を創りた

不屈の精神
仕事は「断らない・嫌がらない・諦めない」で何があってもやり抜く

経営理念

私たちの使命
私たちは、特装自動車を核とした整備・販売・レンタル事業とそれらを用いた開発工事事業を通して、お客様の発展・繁栄を支援し、安全な社会づくりに貢献します。

私たちの目標
私たちは、特装自動車業界において、他にはまねのできないニッチなマーケットを創造し、国内オンリーワンかつナンバーワン企業を目指します。

私たちの行動指針
私たちは、お客様のご要請は「断らない・嫌がらない・諦めない」で、何があってもやり抜きます。
私たちは、専門知識と応用技術力を高め、独創性のある仕事を創造します。
私たちは、お客様とのご縁を大切にし、迅速な行動で、相互信頼関係を築きます。
私たちは、「技術屋魂」を持って切磋琢磨し、質の高い仕事を追及します。
私たちは、各種法令を遵守し、社会的倫理観の高い組織を育てます。
会社は、社員に活躍の場を提供し、家族と共に充実した人生が送れるよう積極的に支援します。

環境への取り組み

基本理念

当事業所は”地球環境保全”が人類共通の重要課題のひとつであると認識し、企業活動のあらゆる面でその保全に向けた行動をする。

行動指針

  1. 当事業所は、自動車の整備、プラントのメンテナンス、良質な車両の販売、レンタル車の提供と言う企業活動が環境に与える影響を常に考慮しながら行動する。
    更に、こうした企業活動が継続的に環境保全に結びつくよう、常に見直し、改善に努めていきます。
  2. 当事業所は、関連する環境法の規制、協定その他要求される事項を遵守し、更に自主基準を制定しいっそうの環境保全に取り組む。
  3. 当事業所は、全ての企業活動について、次の環境保全項目を重点活動として全社的にとりくむ。
    (1)電気・紙・ガソリン等の無駄を省き、省エネルギーに務める
    (2)廃棄物の削減を図り、適正処理に務める
    (3)廃交換部品などの再資源化とリサイクルに務める
    (4)環境負荷低減型の商品・製品の優先的購入(グリーン購入)を図る
  4. 当事業所は、内部環境監査を実施し、環境マネジメントシステムの維持向上を図る。
  5. 当事業所は、社員に対し、環境に関する教育及び意識の向上を図る活動を実施する
  6. この環境方針は、文書により社内外からの要求に応じ公表する。

沿革

創業者と会社設立まで 1921年(大正10年)~1955年(昭和30年)

1906年(明治39年)
創業者 矢野口由孝 長野県穂高町に誕生
1921年(大正10年)
創業者 矢野口由孝は、15歳で上京し内山自動車商会に入職した。
創業者は、自動車がまだ珍しい時代にあって、将来大きく飛躍する産業になることを夢見ていた。
1933年(昭和8年)
27歳の時、株式会社金剛自動車商会(後の金剛自動車株式会社)の取締役工場長に迎えられた。
1952年(昭和27年)
運輸省認定一種重整備工場の認定を得て、矢野口自動車工業株式会社を東京都品川区南大井に創業した。
当時はまだ限られたお客様からの車両整備が主で、一般のお客様からの依頼は少なかった。
昭和50年11月3日

自動車の黎明期から発展期まで 1955年(昭和30年) ~1985年(昭和60年)

1955年(昭和30年)
昭和30年に入り高速道路やガソリンスタンド等のインフラが整い、日本の自動車産業の幕開けを迎える。同時に、整備工場への需要が高まってきた。
1959年(昭和34年)
現在の「矢野口自工」に社名変更。資本金2,500万円
1969年(昭和44年)
東京陸運局長指定工場(いわゆる民間車検場)となり、業務を拡大する第一歩となった。
1976年(昭和51年)
東京都世田谷区に展示場を開設し、車両販売部の発足
世田谷展示場
1982年(昭和57年)
吸引車を活用した工事請負部門として、プラント部の発足。
この頃より、今日の特装自動車への需要増加を先取りし、吸引車の販売、整備に特化しはじめる。
1985年(昭和60年)
現在の代表 矢野口智一は、父守男の急逝に伴い、23歳で三代目代表となり今日に至る。

バブル崩壊期から今日まで 1989年(平成元年)~

1989年(平成元年)
バブル経済の崩壊後、大きく景気が低迷する中にあっても、古くからのお客様のご支援により着実に業績を伸ばしてきた。
1990年(平成2年)
本社、整備工場を現在の大田区城南島に移転。吸引車を主体としたレンタル部の発足。
2005年(平成17年)
資本金3,900万円となる。
2008年(平成20年)
ドイツ・LADOG社からベース車両として第一号車を輸入し、架装するアタッチメントを兼松エンジニアリング株式会社に依頼し、グリーンカットマシン”アライグマ”が誕生した。
グリーンカットマシン”アライグマ”の誕生
2010年(平成22年)
グリーンカット・マシンの第二号車を製作した。
2011年(平成23年)
東日本大震災が起きる。
2012年(平成24年)
本社の隣接地と建物を購入し、全部門を本社に集結しワンフロアー化を図る。
大田区京浜島に新たな車庫を開設。
ドイツ・Nothhelfer社から道路除染車として第一号車を輸入した。
Nothhelfer社からの輸入第一号車
2013年(平成25年)
福島・浜通り地区でLADOG車とNothhelfer車を用いた道路除染工事に本格参入。
兼松エンジニアリング株式会社より200台納車記念表彰を受章
2013年12月 兼松エンジニアリング株式会社(本社)
LADOG社からの輸入第一号車
2014年(平成26年)
福島・浜通り事務所(楢葉町)を開設。
2016年(平成28年)
東京都発注事業「上野恩賜公園ボート池の汚泥浚渫工事」完了。
2017年(平成29年)
一般社団法人日本外交協会様への協力として、消防自動車4台をウルグアイ共和国へ寄贈。
2018年(平成30年)
ジーエス管業株式会社をグループ化。
シート自動開閉式ダンプカー開発・製造。
2019年(平成31年)
福島浜通り営業所開設(福島県楢葉町)。
楢葉町南小学校、楢葉中学校へ学習机を寄贈。

会社概要

商号
矢野口自工株式会社
住所
〒143-0002 東京都大田区城南島4-5-8 地図
設立
1953年4月
資本金
3,900万円
従業員数
42名
代表取締役
矢野口 智一
本社・管理部
TEL 03-3799-0770 FAX 03-3799-5757
整備部
TEL 03-3799-5566 FAX 03-3799-5483
車両販売部
TEL 03-3799-5155 FAX 03-3799-5154
プラント部
TEL 03-3799-5861 FAX 03-3799-5862
車両レンタル部
TEL 03-3799-5585 FAX 03-3799-5757
ラドック事業部
TEL 03-3799-0770 FAX 03-3799-5757
世田谷展示場
〒156-0054 東京都世田谷区桜丘5-35-9 地図
本社直通 TEL 03-3799-5155
福島浜通り営業所
〒979-0513 福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字仲丸1-72 地図
TEL 0240-25-5790 FAX 0240-25-5789
関連会社
株式会社 矢野口自動車商会
ジーエス管業株式会社

会社認可指定番号

整備部

■国土交通省 関東運輸局長指定 自動車整備事業

    指定書番号
  • 普通自動車(大型)
  • 普通自動車(中型)
  • 普通自動車(小型)
  • 普通自動車(乗用)
    東指第 1-319
  • 小型四輪自動車
  • 小型三輪自動車
  • 小型二輪自動車
  • 大型特殊自動車

■国土交通省 関東運輸局長認証 普通小型自動車分解整備事業

    指定書番号
  • 普通自動車(大型)
  • 普通自動車(中型)
  • 普通自動車(小型)
  • 普通自動車(乗用)
    1-1782
  • 小型四輪自動車
  • 小型三輪自動車
  • 小型二輪自動車
  • 大型特殊自動車

■圧縮天然ガス自動車燃料装置用 容器検査所

登録番号 18環改保高 第115号

■兼松エンジニアリング(株)技術認定工場

■いすゞ自動車首都圏(株)アチューマット指定整備工場

車両販売部

■古物商

矢野口自工(株) 第3832号 昭和36年6月29日
(株)矢野口自動車商会 第2264号 昭和57年11月22日

プラント部

■建設業 東京都知事許可 (7業種)
(般-24)第138911号 (平成24年9月5日)

建設業の種類
土木工事業 とび・土木工事業
石工事業 鋼構造物工事業
ほ装工事業 しゅんせつ工事業
水道施設工事業

■産業廃棄物処分業

  • ・東京都知事 許可番号 13-20-052734
  • ・三重県知事 許可番号 24-20-052734
  • 業の区分:中間処理
    中間処理の方法と処分する産業廃棄物:脱水/汚泥

■産業廃棄物収集運搬業(積換・保管除く)

東京都 13-00-052734 神奈川県 14-05-052734
千葉県 12-00-052734 埼玉県 11-01-052734
茨城県 08-05-052734

アクセス

矢野口自工株式会社 本社
〒143-0002
東京都大田区城南島4-5-8
本社・管理部
TEL 03-3799-0770

Google map 

JR大森駅からのアクセス

JR大森駅(東口)

京急バス/城南島循環行き約40分
時刻表はこちら >

「城南島四丁目」下車徒歩0分

羽田空港からのアクセス

羽田空港第1ビル(JAL利用)/羽田空港第2ビル(ANA利用)
東京モノレール

「流通センター」下車

「流通センター駅」よりタクシー15分又はバス20分

CONTACT
お気軽にお問い合わせください。

特装車のことなら
なんでもお気軽に
ご相談ください!


販売・買取
レンタル
修理・点検
工事
本社・管理部
TEL
03-3799-5155
03-3799-5585
03-3799-5566
03-3799-5861
03-3799-0770
FAX
03-3799-5154
03-3799-5757
03-3799-5483
03-3799-5862
03-3799-5757